ホーム > フリーランスグラフィックデザイナーとしての独立準備術

フリーランスグラフィックデザイナーとしての独立準備術

グラフィックデザインの仕事は、個人事業(フリーランス)という道もあります。

デザイン会社や広告代理店などで経験を積んで独立し、フリーランスとして2、3年して軌道に乗ったら法人化して会社を立ち上げたり、フリーランス同士でチームを組んで仕事を回している人たちもいます。
「自由でいいねぇ」「一人でいいねぇ」とか周りから言われますが、フリーランスにも苦労と責任、葛藤でいっぱい。

このページでは、フリーランスグラフィックデザイナーとしての独立準備術を綴ります。
※法人化の登記方法はここでは省きます。

フリーランスとして働く時の事務手続き

開業届

独立開業する時は、個人事業でもお役所に開業届を提出しましょう。
開業届を出したとて仕事が無ければ無職ですし、どこからともなく仕事が降ってくるもないので、しっかりと事業計画を立て、実践していきましょう。

銀行口座開設

ネット銀行は手数料が安く、PCやスマホで入出金明細の確認や振込ができ、利用した際、メール通知もきます。
楽天銀行の場合、取引でポイントが貯まるので一石二鳥でおすすめです。

楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

保険の切り替え

お勤めされていた方は、厚生年金から国民年金へ、社会保険から国民健康保険に切り替わります。
国民健康保険は後述する文芸美術国民健康保険を利用するのがおすすめです。

確定申告

前年の所得に基づき、翌年の3/15までに納付すべき税額を確定させる処理です。 白色申告、青色申告、どちらかの申告方法を選択する事になります。

L 白色申告

所得が年間300万以下であれば記帳の義務なし。決算書類として収支内訳書を作成。

L 青色申告
複式簿記の知識が必要で手間ではありますが、青色申告特別控除等、税制面で優遇措置を受けることができます。
給料、家賃、水道光熱費、交通費、通信費等、売上を上げるために必要な経費の領収書を保管しておきましょう。
※何も手続きをしないと、自動的に手続不要の白色申告となります。

おすすめの会計ソフト(Webやアプリで管理可能)

家庭に家計簿があるように、業務にも入出金の帳簿があります。

帳簿付けに手作業は面倒くさいって方は、Webやアプリで会計管理ができる無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」の利用がおすすめです。

全自動のクラウド会計ソフト
銀行口座やクレジットカード支払い明細の自動読み込み(同期)
● 領収書をスマホカメラで自動読み込み
● スマホアプリでいつでも経理♪
簿記の知識が無くても簡単に使える会計ソフトで、確定申告書も作成可能の優れもの。

請求書や見積書もネットで管理・作成しよう!

今の時代、請求書や見積書もネットでやりとり可能です。
電子印鑑を押した自作のPDFを作成するのも良いですが、PCやスマホアプリから請求書や領収書の作成・管理ができ、郵送代行までしてくれるWebサービスもあるので、書類作成や郵便局へ行くコスト削減にも取り組んでいきましょう。

下記Misocaでは、「フリーランスの黒字倒産にNO!個人事業主でも法人でも1件から支払いが保証される回収保証サービス」の提供もしているので頼りがいがあります。

【初期費用0円!月額利用料0円!】クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)
● 見積書、発注書、納品書、請求書、領収書、簡単作成!
郵送代行サービス(1通180円一律)
● インストール不要、PC、iPhoneやAndroidなど対応
● 最新の売上や未払い状況が確認できるレポート機能

事業資金の調達

フリーランスWebデザイナーは、比較的負担なく独立できる職業ですが、必要に応じて借りる事も可能です。

下記は、国が母体となって運営している金融機関なので、銀行に比べると無担保で資金を借りやすく、金利も低め。 個人事業主の多くの方が、よく利用されております。
日本政策金融公庫

グラフィックデザイナーとして制作環境の準備

ソフトウェア

パソコンは勿論の事、グラフィックを描くソフトウェアや入力の効率アップを図るペンタブレットなど、必要に応じて揃えるのが良いです。

adobeのソフトウェアは、クリエイターには切っても切れない存在で、最近では、月額利用のクラウド版や買い切りのパッケージ版があります。開業予算に合ったものを選びましょう。ただ、投資をケチると後々タイムコストを浪費するので良く検討しましょう。

入力補助(作業スピードアップ)

adobeイラストレーターでベジェ曲線で絵やパーツを描かれる人もいるかと思いますが、ペンタブレットを利用し慣れていくのも仕事のスピードアップになると思います。
必要に応じて投資をしましょう。

ハードウェア

デザイン会社に勤めていたらMacを利用していたと思いますが、グラフィックデザイナーのパソコンは、歴史的に見てもMacが主流です。WindowsでのDTP作業も可能ですが、できるだけMacを利用するのが総合的に優れており、同業者や印刷会社との連携もスムーズになります。

プリンタは、複合機を利用するのも何かと便利です。
コピー、ファックス、スキャナなど、機材1つでお仕事をサポートしてくれます。しかし、グラフィックデザイナーの業務的にはA3ノビ対応のプリンタが良いでしょう。
出力された品質(色や鮮やかさ)も大事ですので、こだわったコピー専用プリンタ(レーザープリンタ)に投資するのが良いです。

PCモニターはグラフィックデザインをする以上、大きい方が良いです。
ソフトウェアの画面も大きく使えるし、デザインも大きく広く見ることができます。

グラフィックを制作するには総合的にMacを利用する方が良いですが、Windowsの場合、モニターが明るすぎたりするので、注意が必要です。モニターに表示されたデザインと印刷されたデザインを見比べると色味が違う事があります。
また、デュアルモニターなど、2台以上での利用も業務効率を上げてくれます。

グラフィックのDTPデータは容量がかさみます。携帯用、バックアップ用に外付けハードディスクを用意しておくのも良いでしょう。

フリーランスだからこそ営業は自分のホームページで!

グラフィックデザイナーに必要な制作環境を整えたら、次は営業用のホームページを開設しましょう。

前職のコネクションがあり、仕事を発注してくる人がすでにいれば良いですが、いつ発注先が無くなってしまうかもわかりません。そこで、自分の想いや作品を掲載したホームページを開設しておけば、必要としてくれる人があなたをインターネットで見つけてくれるかも知れません。直請けのクライアントとの出会いを作れます。

継続的にホームページやブログの更新でSEOを強化!

自分のホームページを持てば、作品や実績やプロフィールをいつでも伝えられ、人柄を気に入って声をかけてくれる相性の良いクライアントが見つかることでしょう。

グラフィックデザイナーといえども自分のホームページを持てば、キャリアを重ねるごとに仕事を選べる立場になれますし、人生にとって素晴らしいご縁とも巡り逢えます。

元請けや営業さんがもし無くなってしまったらお仕事も止まってしまうので、ドメインとサーバーを取得し、自分のホームページを開設して、独自の仕事受注経路を構築しておきましょう。

他のグラフィックデザイナー/デザイン事務所のホームページと差をつけるホームページ作りのポイント

グラフィックデザイナー/デザイン事務所のホームページを掲載している当サイトですが、一昔前の作りのホームページや無料のレンタルホームページサービスで作られたホームページ、SEO対策が施されていない勿体無いホームページを多数見受けます。プロとしてどうなのか?と思う次第。

集客とアピールに効果的なホームページ作りの基礎を下記に綴りますので、ホームページを改善していきましょう。実践するだけでこれまでのアクセス数や成約率に違いが出てくると思います。

◯ 独自ドメインを取ろう。
◯ タイトルタグはサイト名だけじゃなく”キーワード”を混ぜて入力しよう。
◯ descriptionタグは160文字程度でしっかりサイトの説明文を入力しよう。
◯ 仕事実績ページと自己紹介ページを充実させる。
◯ facebook、twitter、google+、はてなブックマークなどのシェアボタンを設置しよう。
◯ テキストを画像で表示しない。
◯ フレームは使わない。

独自ドメインを取得して信頼度アップで営業活動を有利に!

エックスドメイン
短くわかりやすい単語を使うのがポイント。グラフィックデザインを取り扱っているのでgraphicなどのキーワードを入れるのが、職業的にもSEO的にも効果的です。(https://◯◯◯-graphic.com)など。エックスドメインには高機能の無料レンタルサーバーが付いてるのでお得!

WordPressが使えるサーバーを選ぼう!お薦めのレンタルサーバー!

jimdo(945円/月&容量5ギガ)やwix(1,300円/月&容量10ギガ)の有料サービスよりはるかに高性能で価値がある!

エックスサーバー
月額1,000円 容量200ギガ 独自ドメインを1つ貰えます!(ドメインの別途取得不要)
高速・多機能・安定性・セキュリティに優れ、データのバックアップにも対応し、業界でも珍しいWordPerss環境が備わった高性能サーバーです。コストパフォーマンスに優れ、新規サーバー契約も次のステップへの乗り換えにも自信を持っておすすめします。

サーバーの費用は”安かろう悪かろう”がぴったり当てはまるものなので、値段が安ければそれだけ質やサポート対応が落ち、障害も多いです。高ければ高いほど、セキュリティや通信速度、対応に信頼がおけますので、じっくり内容をご確認ください。サーバー代はケチっちゃいけない大切なものです。

WordPressは無料で使えるホームページ・ブログ作成ソフト

無料のレンタルブログやホームページを開設できるサービスが多々ありますが、長く運営するだけサービス提供側が喜ぶだけで時間が勿体無いです。

上記に紹介したエックスサーバーは、WordPressの自動インストール機能が備わっており、オリジナルのホームページの立ち上げも簡単です。サーバーひとつあれば複数のホームページやブログを作れるのでお得で便利。WordPressにはポートフォリオサイトに活用できるテーマテンプレートが豊富にありますので、自分に合ったテンプレートを探して利用する事もできます。

レンタルではなく、自前のホームページをしっかり開設し、独自にカスタマイズし、クライアントを呼び込むホームページへと育てていきましょう。

その為にも活動の信頼性を上げる事のできる独自ドメインとサーバーを取得しましょう。

フリーランスとして気をつけておくべきこと

● 実績作りに安くで請けない、値引きを求められそうなら見積り段階で上積みを(金銭対策)
● 金儲けを謳うクライアントは危険(金銭対策)
● 制作費は前払いか着手金制度を(金銭対策)
● 契約書を交わそう(金銭対策)
● やらないことを決める・できないことはできないと伝えよう(技術対策)
● 追加費用は積極的に伝える(労働過多対策)
● コンビニ弁当や炭酸ジュース・缶コーヒーばかり飲まない(健康対策)
● ストレッチ・運動をしよう!(健康対策)

仲間作り・情報収集・気分転換にコワーキングスペースを利用しよう!

フリーランスWebデザイナーは一人で作業している人が多いのではと思います。気分転換・勉強会・仕事仲間探し・本読み・おしゃべりなど思考の活性化に、フリーランスが集まるお近くのコワーキングスペースに行ってみましょう。

フリーランスの国民健康保険

フリーランスのグラフィックデザイナーも毎月国民健康保険を納めなければなりません。それなりに所得が多くなってきたら地方自治体の国民健康保険より安く抑えられるクリエイター専用の文芸美術国民健康保険がありますので覚えておくと良いでしょう。

国民健康保険を安く節約|フリーランス必見、文芸美術国民健康保険

フリーランスのグラフィックデザイナーの道を楽しんでいきましょう!

基本的に平面上に情報をいかに見やすくレイアウト(配置)し、想いを伝えられるかがグラフィックデザイナーとしての能力の見せ所。これにはデザインする人のセンス、感性が問われます。

こだわりと柔軟さをバランスよく使い、自分の選んだクリエイティブで創造的なグラフィックデザイナーという職業を全力で楽しんでいきましょう!

ホームページを営業ツールとして活用して、仕事の依頼を受けている人はほんのわずか。自身のホームページをしっかり作り、紹介や下請けに頼らない独自の顧客開拓をしていきませんか?

あなたを必要として探されているクライアントは、ネット上にたくさんいると思います。近所、県内、県外、世界にも!